リサイクルトナーのデメリットは純正品との違いを知れば見えてくる

printer

格安な理由

格安な理由はやはり純正品とは違う事

純正品とはそれぞれの機器に合わせ一番良いパフォーマンスになるよう調整された品の事です。純正品のトナーとリサイクルトナーの違いは、中身のトナー粉部分です。トナーが入っている部品は純正品を分解して綺麗に洗ったものを再利用していますので、リサイクルトナーと呼ばれているのです。 機械は純正品と同じ、中身のトナー粉が純正とは違うだけなのでカートリッジ自体に問題が出る事は少ないのですが、それでもデメリットはあります。実際にトナー粉だけの状態になった時ドラムなどの故障を引き起こすなどです。 とはいえこのデメリットは純正品のトナーでも起きる初期不良です。気を付けておかなければならないのは、その不具合の発生率がリサイクルトナーは純正より多いという事です。

デメリットを理解した上で使う事が大切

リサイクルトナーのデメリットは他にもあります。純正と違い長期にわたり使用した場合トナー粉が固まってしまうようなものも中にはあるのです。リサイクルですからリサイクルする会社によりトナー粉の質は異なるのです。 何故ならインクやトナー粉には各会社で特許を持っている場合があり、リサイクルする場合は申請なくして同じ成分に出来ないからです。たいていの場合類似した成分を使う事で対応していますが、その差が最終的に精密機器相手では顕著な形で表れてしまう場合があります。 そんなデメリットがありながらも最近のリサイクルトナーが人気なのは価格はもとより、積み重ねた経験から最近のトナーの質が上がってきたという証明でもあるのです。使い始めるには最適の時期になってきたという事でしょう。

Copyright© 2015 リサイクルトナーのデメリットは純正品との違いを知れば見えてくる All Rights Reserved.